2016年05月30日

自ら死を選ぶ皮膚の武士道

プレゼンテーション1.jpg

人が成長していく過程で、困難等を乗り越えて大きくステップアップし、以前とは何もかもが一回り大きくなったような時、「一皮むけた」と言いますね。

これは、人間の成長過程で、「良い」意味として使われます。

 

その一方で、少し考えなくてはならない「一皮むける」場合もあります。

本当に(物理的に)皮が一枚むける場合です。

 

最近は段々と日差しが強くなり、外で活動をしていると日に焼ける季節になってきました。

日に焼けると、肌は黒くなったり、赤くなったりして、やがて皮がむけますね。

これって、何が起こっているのでしょうか?

 

実は、これには、人間が健康に生きていく為にDNAにあらかじめ埋め込まれたプログラムが関係しています。

 

細胞は、何らかの問題で正常でなくなると、自ら死を選び、死んでいきます(アポトーシスと言います)。

 

いつも太陽からの紫外線に晒されている皮膚の細胞は、紫外線によって常に細胞のDNAが傷つけられています。それでも、ある程度は自己修復の機構が働き、回復しています。

しかし、その損傷の程度が修復機能の限界を超えた時、このアポトーシスが発動します。

この時、細胞は自ら自分のDNAを切断して、自分自身(細胞)をバラバラにしてしまうのです。

その後、それは角質と呼ばれるものになって皮膚表面を保護する働きをし、やがて垢(あか)になってはがれていきます。そしてその下にあった細胞が新しい皮膚となって表面に出てきます。

 

個人差、年齢差はありますが、平均すると、一日に一層ずつはがれ落ちていると言われています。

 

こうして人間の体は、痛みを感じることなく、常に入れ替わっていっているのです。

つまり、特に意識していなくても、実際は毎日「皮がむけている」ということです。

 

日焼けによって一度に大量の皮膚の細胞(DNA)が傷つけられると、アポトーシスの発動で一度に大量の細胞が死ぬため、皮膚は、まとまっていっきにはがれ落ちてしまいます。

 

これが「日焼けで皮がむける」状態ですね。

 

ここでもし、傷ついたDNAを持った細胞が死なないでいつまでも残っていたらどうなるでしょうか?

その細胞はやがて癌になってしまうのです。

ですからアポトーシスは人間が健康である為に重要な現象(プログラム)なのです。

紫外線を浴びると皮膚癌になるというのは、傷ついた細胞が大量にあると、このプログラムが起動しない細胞の個数が増えるという事です。

 

ところで、皮のむけ方には個人差があります。

細胞に水分が充分あって紫外線をよくバリアし、細胞修復機能が高い…、つまり若い年代は、皮がむけにくいという事になります。

私などが、子供たちに混じって海辺で同じ量の紫外線を浴びたとしたら、きっと悲惨な結果になる事しょう泪

 

また、皮膚(上皮)は、死んで角質になる過程で、セラミドという脂質を作ります。

このセラミドは肌の水分を保持する役割をします。美容的に言うといわゆる保湿成分です。

普通は、皮膚が死んで角質になり垢になってはがれるとその下には新たなセラミドを持った角質ができています。

 

しかし、日焼けによって一度に沢山の皮膚が死んではがれてしまうと、その下の皮膚は大急ぎで角質にならなければならなくなりこのセラミドを充分に作る時間がありません。その為、皮膚は乾燥してしまいがちになります。

充分な角質になる時間も不足し、セラミドが少ない為に乾燥した肌は、紫外線の防御機能が不十分ですから、この状態で更に紫外線に晒されると、皮膚は火傷の状態へと進行してしまいますので注意が必要です。

 

因みに、日焼けで肌が黒くなるのはメラニンという色素ができる為で、これは紫外線のバリアになりますから、これが多い人の方が、DNAの損傷が減り、皮はむけにくいと言えます。

ゆっくりと時間を掛けて充分にメラニンの合成をした小麦色の肌が健康的に見えるのは、理にかなっているというわけです。

 

 

 

〜〜前回のクイズの答え〜〜

 

コレステロールは、肝臓と皮膚で作られています。

 

その量は、前回のブログ本文にも書いたように、食べ物から摂取した量に応じて増減し、体内中のコレステロールは一定量が維持されます。

 

また、皮膚のコレステロールは、紫外線に当たる事でビタミンDを合成するという重要な働きもしています。

 

 

〜〜今回のクイズ〜〜

 

皮膚の細胞がアポトーシスで死ぬと、やがてそれは垢になってはがれおちていくという事は、本文で書いたとおりですが、体内の細胞も、DNAが傷ついたり老化によって死んでいきます。

 

死んだ細胞は、体表面では外に落ちていく事ができますが、では、体内の細胞が死んだ時、それはどうなるのでしょうか?

 

これが今回のクイズです。

 

H.G

 

 

 

 

posted by bunbu at 14:45 | Comment(0) | 文武塾より
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。